創造教育センターHOME > 作家の展示会、個展プロモート

作家の展示会、個展プロモート

私たちは“子どもから大人までに夢を与える”の一貫として、作家のプロモートを行っております。
展覧会の巡回展の企画から展示・販売、新人作家の発掘とその企画から展示・販売・プロモートを積極的にサポートしています。

●展示会のサポート

当社では多数の画家・作家が登録しております。全国各地で巡回展が実施開催されております。
規模は大きなものから小さなものまで主催者のニーズに合わせて、ご提案致します。

●作家の方々へ

画家・作家をさがしています。共感していただける方はぜひ作品をお持ちください。
個展、巡回展を全力で応援させていただきます。

●主なご登録作家

あわのあつこ

五十歳なかばにして人形と出会い、創作人形作家として独自の技法を身につけ、現在も精力的に人形作りを続けています。
東北出身のあわのは、東日本大震災に大きな衝撃を受け、それを契機に、あらたな命をふきこむ人形作りに挑んでいます。
その作品は、忘れかけている人のぬくもり、ふるさとの原風景を思い出させてくれます。

あわのあつこ

ページTOPへ戻る

徳永陶子

「記憶」をテーマに制作を続け、光と色彩に溢れる作品を発表し続けています。若くしてフランスに渡り、ドラクロワ、ルノワールを始めとする絵画史上の巨人たちを輩出したエコール・デ・ボザール・ド・パリ(パリ国立高等美術学校)に学び、17年間に及ぶフランス・パリでの生活。
この海外での「日本人体験」を経て、新たな作品が芽吹き、日本はもちろんパリ・ロサンゼルス・タイなどから招待され活躍しています。
2010年には19世紀絵画に革新性をもたらしたバルビゾン派の発祥地であるフランス・バルビゾン市で開催された「ミレーの『晩鐘』創作150周年記念展」に日本からの招待画家として選ばれました。徳永の作品はさまざまな色が共鳴し合いながら深く透明な静けさをもつ不思議な世界へと見る人を誘います。

徳永陶子

ページTOPへ戻る

五嶋稔

彗星のごとく現れたモダンアートの画家。鳥・犬や猫・草花・人の顔…身の回りにあるさまざまなものを、画面いっぱいに色鮮やかに描いた作品群。
それらは重なり合いながら時には激しく動き、時には静かに何かを待ち続け、見ている人に優しく語りかけています。
夢をいっぱいに詰め込み未来に飛ぶカバン『夢のむこう』、昭和の香り漂う『青い思い出』、子どもの頃の夢みた不思議な世界『サーカスの夢』など、勢いのある線で一気に描くその筆致は、繊細でかつ勢いがあり、見る人の心を包み込むあたたかさにあふれています。

五嶋稔

ページTOPへ戻る

児玉喬夫

東京のウォーターフロントの水辺、都心、下町、郊外、山の手‥‥、東京の街並のいまの姿を描いた大人の作品展です。
ほのぼのとした絵のタッチに心がいやされ、それぞれの街の魅力を再発見させてくれます。
やわらかな筆使いと鮮やかな色使いで描き、見る人の心に夢とファンタジックなあたたかさを感じさせる児玉喬夫の作品は、街に住む人のぬくもりが伝わってきます。 「自分の散歩道は自分の目と足と肌で見つける」という画家の視線が、土地と建物と人とがひとつに溶け合った風景に巧みに描き出されています。

児玉喬夫

ページTOPへ戻る